食べ物 研究について

食べ物が床に落ちた時の3秒ルールについての研究

昔、床に食べ物を落としてしまい、3秒までなら大丈夫と、拾って食べるという行為、3秒ルールとうのがありました。
しかし、ばい菌等がつくということで、あまり身体に良くないとされていましたが、最近になって、マンチェスター・メトロポリタン大学の研究で、水分の含有量と広く消費されている食品を5品を選び、床に3秒、5秒、10秒と置いて、どれくらいバクテリアに汚染されたのかを比較して、分析したところ、塩と砂糖を多く含む食品は、安全で、人間に有害なバクテリアに汚染されてる可能性が低いとう結果がでました。
特に生ハムやパンは比較的に高い安全性を示したみたいです。
反対にドライフルーツや茹でたパスタは、水分が多く含む為に3秒で、肺炎から尿道、小腸、人体の軟質部に炎症を引き起こすクレブシエラ菌に汚染されるので、廃棄が必要です。
逆に水分の低いビスケットは、10秒床に置いても高い安全性を示したようです。
私達は、普段、床に落ちてしまったからと、食べ物を廃棄してしまいますが、安全な食べ物はできるだけ拾って食べても大丈夫だということです。

Copyright© 食べ物 研究 All Rights Reserved.

食べ物が床に落ちた時の3秒ルールについての研究
食べ物 研究